ウェブ活用型の資格

現在ではインターネットの存在なくしての企業活動はありえないと言っても過言ではありません。多くの企業がビジネスに、広報にとインターネットを積極的に活用しています。しかし、インターネット利用者の爆発的な増加に対してウェブコンテンツを作成する側の人材はまだまだ不足しており、ウェブクリエイターの需要は高まるばかりです。そこでサーティファイWeb利用・技術認定委員会では「Webクリエイター能力認定試験」を行い、ホームページ作成能力をはかっています。この試験はW3Cが推奨するHTML4.01Strictに対応し、Webページのレイアウト規格であるCSSによる製作が前提になっています。「Webクリエイター能力認定試験」は医療事務の資格などと同じく、実践的なスキルを身につけることができ、ウェブサイト構築能力を認定する資格として、企業や専門学校などの教育機関に大きな信頼があるので、取得後はウェブ製作会社やデザイン会社から、またインストラクターとしても多くの求人が期待できます。実力があればフリーで活動していくことも夢ではありません。ウェブクリエイター系の資格には他にも、画像編集技術についての知識や操作のレベル、素材やテーマにそって作品を製作する能力をはかる「Photoshopクリエイター能力認定試験」や、グラフィックデザイン技術の知識や操作レベル、素材やテーマにそって作品を製作する能力をはかる「Illustratorクリエイター能力認定試験」などがあります。

Leave a Reply